野田佳彦幹事長は14日午後、地方行脚で訪れた福島市内で記者団の質問に応じ、北朝鮮によるミサイル発射などについてコメントした。

 政府によると、北朝鮮は14日早朝、北西部の平安北道亀城(ピョンアンプクトクソン)付近から弾道ミサイル1発を発射、今回は新型で高度が2000キロを超えたと推定され、通常より高い高度で打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射された可能性があるとの見方を示している。