危なげなく反日親北政権が韓国に誕生しました。以前指摘したとおりの展開です。(反日親北政権が生まれる韓国 従軍慰安婦合意破棄にどう対応すべき?)

韓国の報道を見ていると、外交問題では米中の動向についての言及はありますが、情報を正しく分析しているか心配になる面が多々あります。たとえば外交面では、北朝鮮情勢の緊迫具合がまるでわかっていません。また経済面では、大量に入った外国人投資家からの買注文で相場高騰していることから、「政権交代で景気改善」という声が高まっています。まぁ、大統領空席の状態より安定しますから買い注文はあるでしょうが、景気改善の空気とまで言えるのでしょうか? 一つひとつ見ていきたいと思います。

■アメリカは北朝鮮への先制攻撃を決意した

「トランプ氏「習主席は10秒沈黙」シリア攻撃報告は食後」2017年4月13日

両首脳は首脳会談初日の6日夜、フロリダ州パームビーチのトランプ氏の別荘で夕食をとった。食事を終え、チョコレートケーキを楽しんでいた時、トランプ氏が話を向けた。

「国家主席、あなたに説明したいことがある」。こう切り出し、「我々はたった今、59発のミサイルを(シリアに)発射したところです」と説明した。

 習氏は10秒間沈黙した。

http://www.asahi.com/articles/ASK4F4F83K4FUHBI020.html

なんだこの映画みたいな演出。

まぁ、北朝鮮が6度目の核実験をした場合、「アメリカは先制攻撃を行う」と習近平国家主席に分かりやすく脅しをかけたということですね。ネタにされたシリアはいい面の皮ですけど。しかし、こういうアメリカの本気度を示す中国への脅しは、トランプ就任の直後からありまして、確かに中国に効きました。それまでほったらかしだった中国と北朝鮮との輸入関係がストップしたのです。

「北朝鮮の石炭輸出、200分の1に激減 中国が購入停止」2017年5月6日

北朝鮮による3月の石炭輸出量が6342トン(約58万ドル)となり、いずれも100万トンを超えていた1、2月に比べて激減したことがわかった。国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会が5日までに公表した。最大の輸出先だった中国が2月、北朝鮮産の石炭輸入を停止したことが背景にある。また、中国の対北朝鮮制裁をめぐり、中朝メディアが互いに非難しあう事態にもなっている。

http://www.asahi.com/articles/ASK564F32K56UHBI00Q.html

アメリカの先制攻撃を傍観するわけにいかない中国としては、アメリカが手を付ける前に軟着陸を模索し始めたわけです。韓国側に「THAAD再交渉」を掲げる反米一歩手前の政権ができたこともあり、千載一遇のチャンスを無駄にはしないでしょう。

■中国も北の非核化を決意した

アメリカへ介入口実を明確に与えたことで、既に中国にとっても北朝鮮はお荷物になっています。金正恩は、中国とのパイプ役だった保守派の重鎮を処刑するなど暴走しており、上に引用した記事のとおり、中朝で今までなかったマスメディアの非難合戦が起きています。中国としては、北朝鮮を切る決断をしたと思われます。というのも、中国が北朝鮮に警告を出したのですね。

「中国、北朝鮮に「核実験強行なら独自制裁」警告=米国務長官」2017年4月28日

中国が、北朝鮮に対し、核実験に踏み切った場合、独自に制裁を課すと警告していたことが明らかになった。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7513.php

アメリカが介入して親米政権作られるくらいなら、自分でやった方が良いと、中国が考えるのは当然です。つまり、米中による北朝鮮先制攻撃は、事実上合意がなされたと見た方がいいでしょう。もう既に米中の関心は「北朝鮮以後」を見据えているのではないでしょうか。

アメリカの要求は、アメリカ本土を攻撃できるミサイル開発の阻止と非核化に単純化されたと考えられます。問題は、韓米同盟がなくてもそれが可能になりそうなことです。THAADが「北朝鮮対応」という話になっている以上、北朝鮮の非核化がなされた段階で、THAAD設置の理由がなくなりますから、韓国から撤去、そして同時に在韓米軍の撤退を求めたいところでしょう。この場合、核開発が許されない北朝鮮は存在自体が危うくなりますから、朝鮮半島は南北揃って「いらない子」になってしまいます。