shimajiro@mobiler

SIMフリーのスマートフォン(スマホ)などの製品や仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービスのブランド「FREETEL(フリーテル)」を展開しているプラスワン・マーケティング。同社が主に訪日向けに提供しているプリペイドSIM「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」を購入してみた。

主に訪日した人向けに提供されているものの、日本在住者でも購入・利用が可能で、FacebookやWhatsApp、Wechat、カカオトーク、LINEの主要なSNSサービスのうちの5つが「使い放題」であることが売りとなっている。

とはいえ、最近ではFREETELの製品やサービスに信頼が置けないのが現状で、実際に今回は購入して案内されている対象のSNSが使い放題であることなどが確かなのを確認してみたのでその検証結果を紹介する。

FREETEL Prepaid Data SIM for Japan

FREETEL Prepaid Data SIM for Japan

購入したのは初回通信開始日の翌日から7日間使える高速データ通信量が1GBまでのもの。参考価格は2,280円(税別)でAmazon.co.jpでは1,922円(税込)で販売されている。他に30日間使えて2GB・3GB・5GBのパッケージがあり、ともにデータ通信のみでSMSや通話には対応しない。

期間の延長はできないものの、高速データ通信量については500MBリチャージクーポンが980円(税別)で追加可能。microSIMカードとnanoSIMカードが用意され、パッケージにはSIMピンも入っているため、通話も各SMSアプリを使えばインターネット回線を通じて利用できる。

通話やビデオ通話も各SNSアプリの使い放題に含まれているため、品質を気にしなければ便利に使えそう。というわけで、確認した内容は以下の通り。

1. 「使い放題」とされている各種SNSが本当に使い放題か?

2. テザリング・VPN接続してのSNS利用は本当に課金対象か?

3. データ容量を使い切った後は、無料対象のSNSも本当に低速化するのか?

【SNS使い放題か?】

SNS使い放題には一部対象外となる機能も含まれており、課金対象となる機能についてはFREETELの公式Webサイト上に記載されている。

今回は、無料対象となる5つのSNSですべて無料対象となっているビデオ通話をそれぞれのサービスで1GB以上利用してみた。

各SNSでビデオ通話を1GB以上利用

各SNSでビデオ通話を1GB以上利用

FREETELのWebサイトに掲載されている通りであれば、5つのSNSのビデオ通話をそれぞれ1GB以上利用してもそれらの利用分に関しては高速データ通信量を消費しないために引き続き高速なデータ通信が利用できるはずである。

結果として、無料対象となっている各SNSで1GB以上、合計で10GB以上のデータ通信を行った後でも高速データ通信が利用可能だった。

SNSで合計10GB以上の通信をしても低速化対象にならなかった

SNSで合計10GB以上の通信をしても低速化対象にならなかった

購入したFREETEL Prepaid Data SIM for Japanの通常データ通信量(1GB)を大きく超えるデータ通信を行っても高速データ通信が継続できたため、確かにこのプリペイドSIMの「SNS使い放題」に関しては内容通りと言える。ある意味当然で、予想通りの結果ではある。