先日の記事の最後の箇所に、大尾としてFBI長官解任の話を補完してたんだけど、閲覧者の方であればピンときた方がほとんどかと思われる。以下恐縮ながら当ブログ3月21日記事から抜粋。

FBI本格介入でドル下落の兆し (3月21日)

ロシアのサイバー攻撃問題にFBIが本格介入する可能性が(皆が思っていた以上に)高くなった事によって現司法長官の議会証言が偽証なのではないか、という事で突かれている。日本でも稲田防衛相の虚偽答弁が問題になっているが、米国のセッションズおよびトランプ大統領がこの流れを乗り切れるかはわからない。やや分が悪いように映る。

なぜなら米下院情報特別委員会で20日に開かれた公聴会にて、FBI長官がロシアとの接触問題だけでなく、トランプのいうオバマの盗聴問題についても証拠不十分と明言したからだ。これはFBIの立ち位置を鮮明にする、若しくはそのように印象付けるもので、この事によって共和党内でも経済政策をまとめ上げる事が難しくなったことを意味する。意味する、は現時点ではまだ過言かもしれないが、逆風が鮮明になったのは間違いないといえるだろう。

セッションズが辞任に追い込まれた時のマイナスインパクトは、ちょっとしたマクロ統計のプラスインパクトより大きい。 (部分抜粋)

結果的には、この事を誰よりも危惧していたのはトランプだった、という事になる。