先月行われたサッカーアジアチャンピオンズリーグ(ACL、AFC Champions League)の川崎フロンターレと水原(韓国)の試合で、フロンターレのサポーターが旭日旗(きょくじつき)を掲げたことが問題になっています。

これに対し、アジアサッカー連盟(AFC、The Asian Football Confederation)はフロンターレに“罰金1万5千ドル(約170万円)”と、執行猶予つきながら“連盟のもとで行われる1試合を無観客試合とする”という処分を下しました。