大西洋評議会の欧州のウクライナ構想責任者であるアドリアン・カラトニツキーが、4月3日付ウォール・ストリート・ジャーナル紙に、ロシアに友好的なトランプ政権との見方は時代遅れで、現実が変化を強いたとの論説を寄せています。