さいたま市立小学校の2年生(当時)の沙織さん(仮名)が元担任の女性教諭(50代)から暴言を吐かれたり、暴行を受けたことで、不登校になったとして、沙織さんと母親が元担任と校長と教頭(いずれも当時)とさいたま市を相手取り、謝罪や慰謝料543万円を求めていた裁判で、原告と被告が和解していたことがわかった。