[パリ 7日 ロイター] - 仏内務省は7日の大統領選決選投票について、登録有権者4700万人中4000万票以上を開票した時点のデータとして、中道系独立候補のマクロン氏の得票率が有効票中の64.16%となったと発表、同氏の当選を確認した。