[パリ 2日 ロイター] - フランス極右政党、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン大統領候補は、当選した場合、欧州連合(EU)離脱に向けた交渉を進める中で、預金の取り付け騒ぎが起こるようなら、資本規制を実施する可能性があるとの考えを示した。