ヤマト運輸の値上げをきっかけに「便利な」サービスに対する逆風が強まる中、アマゾンが反撃を開始しました。有料会員向けの即時配達サービスを強化するとともに、生鮮食料品の配送にも乗り出しました。