今村雅弘 前復興相
「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大な、甚大な額になった」

産経新聞 4月25日

 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。超ド級の失言が出た。東日本大震災から6年、復興のリーダーとなるべき復興相が「まだ東北で、あっちの方だったから良かった」と言い放ったのだ。すぐさま復興相を辞任したが、事実上の更迭である。

 25日、自身が所属する自民党二階派のパーティーで壇上に立った今村氏は、笑いながら「お騒がせしております」と挨拶。これは今月4日、福島県などからの自主避難者に対して「自己責任」「裁判でも何でもやればいい」と発言し、その後、質問をした記者に対して「うるさい!」「出て行きなさい!」と激昂したことを指す。その後、「自己責任」という発言については撤回して謝罪したが、この日のスピーチでは一連の騒動をツカミにしようとしたのだろう。反省ゼロである。そして、その1分後に大失言が飛び出した。

 資料を読み上げている部分ではなかったため、「今村復興相の本音が出た」という指摘も相次いだ。当初は強気なまま、辞任を否定していたので、失言したという意識もなかったのだろう。そもそも復興相に就任した際も「復興相かあ……」と落胆していたという(後に本人は否定/『週刊文春』4月20日号)。自主避難者に対して「故郷を捨てるのは簡単」と発言したこともあった(『日曜討論』3月12日)。「自己責任」発言のときには「質問した記者が悪い」と今村復興相を擁護する声も多く上がっていたが、まったく的外れな擁護だったわけだ。


事実上の更迭となった今村前復興大臣 ©共同通信社

「聞いた瞬間、身が凍るような衝撃を受け、怒りがわいた」

 今村氏への怒りは日本列島を駆け巡った。桜井勝延南相馬市長は「震災で犠牲となった約2万人に対する冒涜だ」と憤激した(河北新報 4月26日)。達増拓也岩手県知事は「聞いた瞬間、身が凍るような衝撃を受け、怒りがわいた」とコメント。また、陸前高田市から盛岡市に避難している男性は「大臣になりたいだけで、復興のことが頭にないのだろう」と切り捨てた(産経新聞 4月27日)。4日の問題発言の後、いち早く今村氏の釈明インタビューを掲載した地元佐賀新聞も突き放した。被災地の支援活動を行う佐賀の女性は「被災者に対して恥ずかしいし申し訳ない」と嘆いている(佐賀新聞 4月26日)。

 安倍晋三首相も今村復興相の度重なる失態にブチ切れた。国際情勢は緊迫したまま、テロ等準備罪、家庭教育支援法案の成立を目指す大事な時期でもあり、自らは森友学園問題や加計学園問題を抱える身。そんな中で政権内の失言や失態が相次いでおり、安倍政権の「緩み」「驕り」を指摘されていた折だったからなおさらだ。

「極めて不適切な発言があった。任命責任は私にある。こうした結果になったことについて、心から国民の皆様におわびする」(日本経済新聞 4月26日)と謝罪したが、どうしてこんな人を任命したのか説明が聞きたいところだ。

「そもそも復興相ポストは、当選を重ねながら入閣できない『待機組』に実績を与える調整に使われ頻繁に交代を繰り返してきた」という指摘もある(北海道新聞 4月27日)。後任の吉野正芳氏も国会議員歴18年目で初入閣ということだが……。

吉野正芳 復興相
「役所は『寄り添って』という言葉を使う。耳ざわりのいい言葉だが、本当に被災地に寄り添っていけるのは私だという自負をも持っている」
日刊スポーツ 4月26日


後任の吉野正芳復興大臣 ©時事通信社

 今村雅弘氏の後任に就任したのは、福島県いわき市と双葉郡を選挙区とする吉野正芳氏だ。就任会見では自宅と選挙事務所が津波の被害を受けたことを明かし、「被災者の気持ちはどなたよりも理解していると思う」と強調。今村氏の発言については「昨日の発言は許すことができない。東北の被災地にとっては、許すことのできない発言だ」と強い口調で批判した。

 ここでポイントになるのが「寄り添う」という言葉だ。吉野復興相は記者会見で、誰も彼もが「(被災者に)寄り添って」という言葉を使うことに疑問を呈してみせた。現に今村氏も昨年8月の就任記者会見では4回も「寄り添い」と繰り返していた。言うだけなら今村氏にだってできる。