「現代の治安維持法を廃案にするぞ」――と、自民・公明両党が衆議院で共謀罪法案の審議入りを強行した4月6日夜、東京都内の日比谷野外音楽堂で、同法案に反対する集会が開かれた。これには、約3700人が参加し、会場を埋め尽くした。