フランス大統領選は、23日の第1回投票の結果、親EU(欧州連合)で中道の独立系エマニュエル・マクロン前経済相(39)が23.75%を獲得して首位、EU離脱を訴える極右政党、国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)が21.