宅配便の危機のなかで、新しい取り組みが次々と始まっています。

ヤマト運輸は昨日、今年9月にも、宅配便の基本運賃を5~20%引き上げる方針を決めました。大口顧客には、さらに大きな値上げを求める方針です。

物流の現場の混乱は、深刻な人手不足に加え、宅配便の急増が原因です。