民進党の野田佳彦幹事長は24日、定例記者会見を国会内で開いた。冒頭、野田幹事長は、国会で審議中の共謀罪法案に関して「いろいろな問題点が次々と明らかになった。安倍総理が繰り返してきた『一般人は対象とならない』という説明が、法務副大臣の答弁で全くウソであったことが明らかになった」と指摘し、政府与党の一貫性のない説明が国民に不安を与えていると問題視した。