民進党では、10日に元防衛副大臣の長島昭久衆院議員が離党し、13日には元環境相を務めた細野豪志衆院議員が代表代行を辞めるなど、共産党との野党共闘、憲法改正などに対する党執行部の方針への不満が露呈する動きが相次ぎました。