偉大なボスは称賛されるが、「有能なナンバー2」が大きく注目されることはあまりない。

 しかし、きちんとやれば、ナンバー2の仕事は深みもやりがいも生まれる。2番手の役職にはさまざまなアクセス権が付与されるが、何か問題が起きたときにスポットライトを浴びることもないし、表立って責任を取る必要もない。