スクリーンショット 2017 04 19 9 59 40


最近、「お酒の飲み過ぎと規制」に関する報道が増えている感じですね〜。

気になったニュース。

まず、厚労省が対策室を作ったそうで。

 国民が例年より遅い桜の開花を待ちわびていた4月1日、厚労省に「アルコール健康障害対策推進室」という部署が新設された。国際的に広がるアルコール規制を日本でも推進するためだ。

 タバコ規制と並んでアルコール規制は世界的な流れ。喫煙禁止の動きが急速に強まったのは、2003年のWHO(国際保健機関)総会で採択された「たばこ規制枠組条約」がきっかけだったが、アルコールについてもWHOは「世界で毎年約330万人が死亡している」として2010年に「アルコールの有害な使用を減らすための世界戦略」を採択した。

呑んべぇ天国の日本で飲み放題禁止、酒類広告規制の動きも | ニコニコニュース

厚労省はこれとは別に、アルコールやギャンブルなどの依存への対策も進めています。

厚生労働省はギャンブルやアルコール、薬物などへの依存症対策を強化する。2017年度に全都道府県と政令市で依存症の専門医療機関を指定する。自治体には依存症患者の支援経験者らを相談員として配置する。身近な施設で専門的な治療や助言を受けられるようにし、依存症に苦しむ人を支える。

ギャンブルやアルコールの依存症、全国に治療拠点 厚労省  :日本経済新聞

呼応するように?こんなマンガも始まってます。