TOEICは純粋に英語力を測るために開発されたテストだが、実は中級の枠を超えるためには身に付けるべき戦術が存在する。すんなりと中級以上のスコアを獲得できる人は、TOEIC攻略のノウハウを意識せずとも実践できる性格を備えているのではないだろうか? さらには、そういった性格を有する女性の方が、男性よりも多いのでは? 

■ハイスコア者は「切り替え早い人」「疑り深く勘が鋭い人」

そこでTOEICハイスコア保持者たちの意見を元に「TOEICスコア獲得に有利な5つの性質」をあげてみた。あなたの周囲のハイスコアを持つ女性に、共通する部分はあるだろうか。

● TOEICスコア獲得に有利な5つの性質

【TOEICハイスコア者の共通点1】
見切りをつけるのが早い

TOEICテストはリスニング100問(45分間)、リーディング100問(75分間)、合計200問を2時間で解く。ほとんどの受験生は時間が足りず、たとえスコア800点以上の上級者でもタイムマネジメントには気が抜けない。ここで大切なのは得点できない問題はさっさと捨て、解ける問題をひとつでも多く解いて点を積み重ねることだ。

本当かどうか分からないが、恋愛の際など男性よりも女性の方が切り替えは早いといわれる。人間関係では粘りが大切なときがあるかもしれないが、TOEICでは無理目の問題はバッサリ切って、次へ行くことがスコアアップにつながる。

【TOEICハイスコア者の共通点2】
疑り深く勘が鋭い

ひっかけ問題が多いのも、TOEICの特徴。リスニング問題で“annual” “manual” などの似た音の単語を混在させて撹乱したり、わざと問題文と同じ単語を仕込んだ不正解選択肢を作って餌にしたり。また長文読解では、鍵となる情報を文章の複数箇所に分散して、早合点を引き起こそうとするのも定番だ。

受験生は、出題者の「間違えさせよう」とする企みを見破って、正解に辿りつかなければならない。そのためにはいかにも正解に見える選択肢を疑い、問題が問うているポイントをつかむ勘の鋭さが必要だ。