田中 一明

田中 一明
ラーメン食杯数は、年間700杯超。全国のラーメン事情に精通。


今年もはや、4月の半ばに差し掛かり、そろそろ、5月の大型連休「GW」の予定を立て始める人も出てきていることだろう。

GWの最中、日本全国の行楽地は多くの人々で賑わいを見せる。

もちろんそれは、ラーメン店においても同じこと。人気店や注目店ともなれば、少なくとも1時間待ちは覚悟しなければならなくなってしまう。

場合によっては、ラーメンを食べるだけのために、半日の時間を要してしまうことも有り得ない話ではない。

そこで今回は、そんな事態に陥らないよう、ひと足早く、今、絶対に押さえておきたい新店を5軒紹介させていただくことにしたい。

GWの前にゆったりとした空間で極上の1杯を愉しむ。この記事をご一読いただき、お気に入りの店が見つかれば是非、そんな贅沢を堪能していただきたい。

1.下町・稲荷町に超大型新店が誕生!『支那そば大和』の1杯から感じ取る新時代の到来

首都圏ラーメン情報の最新版!今、絶対に押さえておきたい注目の新店5軒

首都圏ラーメン情報の最新版!今、絶対に押さえておきたい注目の新店5軒

本年3月28日、メトロ銀座線稲荷町駅から徒歩1分程度の場所にオープンした新店が、こちらの『支那そば大和』。
ロケーションは、上野と浅草とを結ぶ浅草通り沿い。行列が出現すれば、通行客から注目を浴びることが確実な好立地だ。

店主は、都内でも指折りの淡麗系ラーメンの名店『八雲』で修業を重ねた凄腕。この事実がラーメンフリークの知るところとなり、オープン早々、既に人気店の仲間入りを果たしている。
券売機に掲示されている「白だし」「黒だし」も優秀だが、おススメメニューは、黒出汁と白出汁を絶妙な配分で掛け合わせた「ミックス(mix)」。

修業元である『八雲』はワンタンの水準が高いことで有名。ゆえに、ワンタンをトッピングするのが常道だ。
黒出汁に由来するコク(深み)と白出汁に由来する膨らみ(拡がり)の両者を兼ね備えたうま味は、修業元同様、一分の隙も見当たらない。
舌上でスープを転がせば、甘辛いスープが茫洋と立ち上がり、味覚はもちろん嗅覚をも心地良く刺激。食べ手を恍惚の境地へと誘う。

紹介しているお店はこちら!
店名:支那そば大和
電話番号:03-6231-7026
住所:東京都台東区東上野6-1-7 MSKビル1F
営業時間:11:30~15:30、17:00~21:00/日・祝は11:30~17:00まで
定休日:火曜・第3水曜

2.うまみの切り出し方を巧みにコントロール。『陽はまたのぼる』の1杯がニボラーの新境地を切り拓く!

首都圏ラーメン情報の最新版!今、絶対に押さえておきたい注目の新店5軒

首都圏ラーメン情報の最新版!今、絶対に押さえておきたい注目の新店5軒

同店のオープンは4月9日。まさに、出来立てホヤホヤの新店。
昨今、激烈なブームとなっている煮干しラーメンを提供するが、同店の1杯は、他店のそれとは味の創り方において一線を画する。
最近のラーメン好きはこのような「違い」に非常に敏感で、現時点で既に長蛇の列が連なる人気店にまで成長。あまりの人気ぶりに仕込みが追い付かなくなるほどだ。

代表メニューは「煮干しそば」。

過度に濃度を求めず、うま味を適度な塩梅に抑える工夫。煮干し特有の苦みや癖を徹底的に排除し、うま味の粋のみを切り抜く技量。
まるで電動ドリルのように、味覚の1点を目掛けて、煮干しの大群が深く鋭く突き刺さる。

一見すれば、巷でよく見掛ける煮干しラーメンのように思われるかも知れないが、さにあらず。
濃度やうま味の膨らみを切り捨て、ミニマムな要素で最大の効果を狙う。

このスープに合わせる麺は、京都の名門製麺所『棣鄂食品』製の中細ストレート。全てにおいて溜め息が出るほど完璧だ。 

紹介しているお店はこちら!
店名:陽はまたのぼる
電話番号:03-6231-2040
住所:東京都足立区綾瀬2-1-4
営業時間:11:30~15:00 (当面の間昼営業のみ)
定休日:水曜
公式Twitter:https://twitter.com/masa_ponkotu

3.尋常ではないコクの加速に思わず唖然!『中華蕎麦 時雨』の実力は、完全に新店離れ

首都圏ラーメン情報の最新版!今、絶対に押さえておきたい注目の新店5軒

首都圏ラーメン情報の最新版!今、絶対に押さえておきたい注目の新店5軒

本年4月は、最近まれに見るほどの豊作。数多くの良店が随所で誕生し、ラーメン好きを右往左往させている。
4月7日にオープンした『中華蕎麦 時雨』も、そんな実力派店舗のひとつ。

店主は、全国的な知名度を誇る名店『多賀野』で修業。
が、修業元のテイストの単なる模倣にとどまらず、しっかりとオリジナリティを加えたメニューを提供している。

基本メニューは「中華蕎麦」。
比内地鶏・ホロホロ鳥に乾物などの魚介を巧みに折り重ねたスープは、中盤以降のうま味とコクの加速度が尋常ではない。

スープの温度も程良く高めであり、終盤まで全く冷めることがない。こういう点にまで気を配ることができる新店は、ありそうでなかなかない。
特筆すべきは、自家製麺の水準の高さ。スープを過不足なく口元へと運び込む優秀な相棒でありながら、自身の存在感もしっかりと食べ手に伝える秀作。

トッピングの鶏チャーシューもハイレベルなのだから畏れ入る。鶏肉にニンジン・ゴボウなどの野菜を埋め込んだ、料亭も顔負けの逸品だ。 

紹介しているお店はこちら!
店名:中華蕎麦 時雨
電話番号:045-264-4809
住所:神奈川県横浜市中区不老町2-10-5 三陣ビル1F
営業時間:11:00~14:30、18:00~21:30
定休日:日曜
公式Twitter:https://twitter.com/_shigure_490