北朝鮮は故金日成主席の生誕記念日である「太陽節」の翌日16日に弾道ミサイルを発射した。ミサイルは発射直後に爆発したため、アメリカはこの件に関しては静観しており、今のところ軍事行動は考えていないと発言している。