15日が1つの焦点とされている地政学リスク(北朝鮮リスク)だが、結果?がどうであれ目先の長期金利(米)はもう少し下がると思いますよ。 緊張緩和、という結果になったとしても金利が「持続的に」急旋回する事は考えられない。