アメリカのトランプ大統領は、平和を破壊する勢力には断固として戦う姿勢を見せている。

北朝鮮に対してもミサイル発射や核実験を行わないよう圧力を強めているが、あらゆる対処を想定していることは確かである。

詳しくは話せないが、今年に入って、日米安保条約第6条の適用について実際に可能かを改めてアメリカが調査したとみられる動きもある。