1年前、フランス大統領選がこんな展開になると、誰が予想しただろうか。

 エマニュエル・マクロンの政治運動「前進!」が発足したのは、昨年の4月6日だった。その頃、マクロンはまだオランド政権の経済相を務めており、大統領選への立候補も定かではなかった。大統領選は、現職のフランソワ・オランドと、右派の公認候補最有力と目されていた元首相のアラン・ジュペ、それに右翼「国民戦線」のマリーヌ・ルペンの3人を軸に進む、というのが常識的な予想だった。

 4月23日の第1回投票まで間近となった現在、その見通しは大きく外れ、39歳のマクロンが大統領に最も近い地位につけている。番狂わせ(すでにこうなったのが番狂わせなのだが)がない限り、国民戦線党首マリーヌ・ルペンとともに第1回投票を勝ち残り、決選でルペンを破って当選しそうな勢いである。

 その全体情勢は、渡邊啓貴・東京外国語大学教授の本欄論考「にわかに過熱した『マクロン人気』:混沌とするフランス大統領選挙」(2017年3月31日付)に譲るとして、ここではマクロン急浮上の理由と、それを助けた環境について考えてみたい。

「未確認政治物体」

 マクロンは、謎めいた人物である。いつも明るく、一見軽そうで、実際の行動は大胆だ。ずうずうしいようで、礼儀もわきまえる。超エリートであるのに、エリート臭さは薄い。テレビ『フランス2』のメインキャスターであるダヴィッド・プジャダスは、マクロンを招いた際に「70年代には未確認飛行物体(ovni=UFO)が話題になったが、今日のゲストは未確認政治物体(opni=UPO)です」と紹介した。

 彼の急速な台頭の背景に、いくつかの偶然が作用しているのは間違いない。オランドが再選立候補を断念しなかったら、右派政党「共和主義者」の予備選でジュペが候補に選ばれていたら、ジュペの代わりに公認候補となった元首相フランソワ・フィヨンがスキャンダルで失速しなかったら……。ただ、マクロン急浮上の背景にはまた、必然的な要素もあった。不特定多数の有権者を結集する理念、従来の政治に満足しない世論の動向を読み取る能力、そこから選挙戦略を組み立てる組織力や行動力など、従来の政治家に欠けていたいくつかの資質を、彼は備えていた。これらを元にした彼の政治姿勢と戦略が、左右の極端な候補ばかりが残る中、左右双方のコンセンサスを得られそうな唯一の穏健派の地位へと、彼を導いたのである。

「政界食物連鎖」の外から挑戦

 急浮上の第1の要因は、マクロンが政界に色気を見せず、そこから距離を置いてきた点である。

 エマニュエル・マクロンは、これまで1度も選挙に出たことがない。この大統領選で初めて、有権者の審判を受けることになる。

 これは、一般的に大統領になるうえでのマイナス要因と見なされてきた。「国民の声に本当に耳を傾けていない」「1度も審判を経ずして大口をたたくな」などなど、右左に限らず批判は強い。

 一方で、マクロン自身はこれをむしろ、プラスの要素だと認識している。

 マクロンはエリート校の国立行政学院(ENA)を出て会計検査院に、続いてロスチャイルド銀行に勤め、企業買収に携わった。2012年、米製薬大手ファイザー傘下の企業買収を巡ってスイスのネスレ、フランスのダノンという両食品大手が買収合戦を繰り広げたが、最終的にネスレが勝利を収めた背景にはマクロンの助言があったという。彼の能力は政治家の間でも評判となり、右派のフィヨン周辺が彼をスタッフに引き抜こうと画策した。しかし、マクロンは左派を選んだ。オランド政権発足に伴って大統領府(エリゼ宮)の副事務総長に就任して政権入りした。

 ここで2年務めて経済相に転じるのだが、その際最初に取りざたされたのは、総選挙への立候補だった。フランス南部の具体的な選挙区もうわさになり、その選挙区の現職議員が勝手に反発して騒ぎにもなった。

 しかし、本人にはどうやらそんな気は毛頭なかったようだ。

「英国を見てほしい。新しい指導者がしばしば登場するではないか。フランスでは、同じことを5度、6度繰り返さないとお墨付きをもらえない。そうしてようやく、番号札を手にして行列に並ぶことができる」

『フィガロ』紙編集委員のフランソワ・グザヴィエ・ブルモが出した評伝『エマニュエル・マクロン 王になりたかった銀行家』によると、マクロンは経済相時代、研修で尋ねてきたパリ第1大学の学生たちを前に、こう語ったという。

「2017年に私は国民議会(下院)議員になって、2020年にはどこかの自治体の首長を兼務し、2021年の予備選に立候補する。だけど、まだちょっと若すぎるからこの時は慣らし運転で、2027年大統領選に備える――。もしこんなつもりでいたら、死んでしまうよ。政界の食物連鎖に絡め取られることは、リスクを冒さないことなんだ。これだと選挙は、挑戦したり理念を創造したりすることでなく、権力にしがみつこうとすることになってしまう。リスクを冒すには、一時に集中して政治に携わる必要がある。私は政治家を60歳までやろうなんて全然考えていないね」

 つまり、彼は「議員→大臣→首相→大統領」といった政界のステップを踏むつもりなど端からなかったのだ。政界に浸っていては、まともな政治はできない。そう認識し、実践している。それは恐らく、多くのフランス人が持っている感覚でもあろう。