シリア軍が化学兵器を使って国民を攻撃したということを理由に米国は地中海に展開する駆逐艦からシリア国内の空軍基地へ向けて59発のトマホークミサイルを発射しました。

化学兵器の使用はあってはならないことであり、とりわけ、今回、無辜の幼い子供までが犠牲となったことからしても、断じて許されない非道な行為であると言わなければなりません。