日本の経済界に於いてその行方が注目される東芝を巡る動きは誰がそのキャスティングボードを握っているのか、それが今後注目されることになりそうです。一般企業であればそれは経営陣であり、それを株主と銀行団がサポートする形でありますが、今回、東芝が陥った泥沼の周りで公認会計士、東京証券取引所、経産省といった面々が駆け引きを行う中で東芝本体がもはや当事者能力を失いつつあるように見えます。