台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は、東芝の半導体メモリー事業の買収額として最高3兆円を提示した。複数の関係者が明らかにした。

 電子機器受託製造サービス(EMS)で世界最大手の鴻海は、昨年のシャープ買収でも同様の戦略を採用した。