新聞をキャラづけしたり、社説を「大御所の師匠からの言葉」とたとえたり、一気に新聞をおもしろく感じさせてくれる読み方が話題のプチ鹿島さんの『芸人式新聞の読み方』。その読み方を実際の新聞記者はどう思うのでしょうか? 元毎日新聞記者で、現在は、BuzzFeed JAPANで活躍する石戸諭さんと語り合いました。全4回でお届けします。
(構成:福田フクスケ 撮影:菊岡俊子)

新聞社は今も最強のジャーナリスト養成機関


鹿島 僕はふだん“時事芸人”と呼ばれるほど新聞の読み比べをしているんですが、実際に毎日新聞の記者として現場にいた“中の人”と会えるのは貴重な機会。ぜひいろいろ検証したいので、よろしくお願いします。たとえば今回の『芸人式新聞の読み方』では、朝刊各紙を擬人化しているのですが、あれはどうでしたか?

石戸 「毎日新聞は“書生肌のリベラルおじさん”」ってやつですね(笑)。新聞全体から立ち現れてくる論調をなかなかよく分析されてるなと、うなずきながら読みました。実際の現場には女性記者もたくさんいるし、個々の記者によって感覚はまた違ったりもするんですが。

鹿島 もちろん、社内には違う意見の記者もいて当然ですよね。

石戸 毎日新聞は、比較的記者の個性が認められているんですよ。「記者の目」というコーナーでは、「昨日○○という記者はこう書いていたが、それは違うのではないか」とか、侃々諤々やり合うこともありました。

鹿島 なるほど。ただ、一見小難しくてとっつきづらい社説も、「毎日、偉そうなおじさんが上から小言を言っている」と思いながら読むと、途端に親しみやすくなる。だから今回は、ふだん新聞をあまり読まない人に向けて、あえて「こういう風に擬人化してキャラ付けしながら読むとおもしろいよ」と提案してみました。

石戸 ええ、楽しみ方としては全然ありだと思うし、その通りだと思う部分もあります。実際、新聞業界の中で働いていても、「朝日っぽいな」「読売っぽいな」という独自の文化圏を感じることはありましたよ。


鹿島 そう言っていただけるとありがたい。今日お伺いしたかったのは、「新聞は弱体化しているのか?」ということ。昨年は“文春砲”という言葉が話題になったように、甘利大臣(当時)の政治資金スキャンダルなどは、本来新聞が追及するべきことだったのではないかと思うのですが。

石戸 昔の先輩の思い出話などを聞いていると、たしかにかつては取材費も潤沢に使えたとか、取材に専念する時間があった。そんな土壌があったのは感じていて、時代や環境が変わったなとは思います。ただ、新聞が弱くなった、ダメになったとはまったく思いません。取材記者を千人単位で揃えていて、かつ取材のノウハウをきちんと体系的に体得できる組織は、まだ新聞社以外にはあり得ない。今のメディアの状況を考えると、正直、新聞ががんばる以外にないでしょ、と思ってます。