トランプ大統領は就任直後、イスラム圏7か国からの入国を制限することを命令しました。テロ対策のために入国審査を厳格化するためということでした。対象になったのは、シリア、イラク、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、イエメンの国民です。