3人に1人が定期的にがん検診を受診していなかった。一方、がん治療では医療費の負担が大きく、分子標的薬の服薬期間も長いようだ。

 内閣府は日本国籍を持つ18歳以上の男女3,000名を対象に「がん対策に関する世論調査」を実施し、その結果を1月に発表した。