日本のSFマンガの実写化作品に、ハリウッド一セクシーな女性が主演する。『攻殻機動隊』の世界観はスピルバーグをはじめ国内外のクリエーターに絶大な影響を与えてきたが、主人公の全身義体の少佐役を演じるのは、スカーレット・ヨハンソン。