細野豪志代表代行は22日午後、定例の記者会見を国会内で開いた。

 細野代表代行は、同日衆院に提出した介護崩壊防止法案について、「政府案は無原則に利用者負担を上げるものだが、わが党案は介護の崩壊を防止するしっかりした法案だ」と述べた上で、「豊かな高齢者に一部負担をお願いすることになるが、介護サービスの抑制が起きないか検証することを大前提としている。