高高度迎撃ミサイル(THAAD、サード)韓国配備で中国が韓国に加えている報復が反中感情の数字として現れてきました。5月の大統領選有力候補は親中であり、反中世論が引き返せない地点まで進むか焦点化です。韓国シンクタンクの峨山政策研究院による月例調査で3月の対中好感度が大きく落ちて、釜山の慰安婦像設置問題で駐韓大使を召喚している日本以下になりました。