今朝の東京新聞に「退位こう考える」として、倉持麟太郎氏の「国会見解は『官僚文学』」と題する論考が載っていた。すごく分かりやすい。東京MXテレビも見たが、いい仕事してくれてる。 

退位に天皇陛下の意思を認めたら、憲法4条に反するという超馬鹿な考えは、自民党・公明党・共産党が揃って妄信する極左イデオロギーである。