東芝は一種の“国策会社”である、とかねてから述べてきました。やはりというか、予想通りというか、半導体メモリー事業の売却をめぐっても、落としどころは“国策会社”にあるようですね。