17日、衆参正副議長により、各党・会派の意見を踏まえ、「天皇退位等についての立法府の対応」についてのとりまとめの文書が発表されました。

民進党は、退位の定めは憲法2条に従って皇室典範に置くことと、一代限りではなく将来にわたる恒久的な退位制度を設けることを主張してきました。