蓮舫代表は19日午後、訪問先の北海道北見市内で記者団の取材に応じた。

 JR北海道の廃線問題で、国の支援を求められたことについて蓮舫代表は、「人の移動のみならず、物流など複合的な視点で考えていかなくてはならない」「鉄路を利用する道民の皆さん、自治体、道庁がしっかり考え、そして国が何をしていけるのかを話し合う場を持たなければ」と述べた。