「排外主義」が争点となったオランダ下院選挙。ウィルダース党首率いる自由党の躍進に注目が集まったものの、自由党の獲得議席数は20という結果に。ルッテ首相が所属し、上下両院で第1党の自由民主国民党は、前回の下院選挙から8議席減らしたものの、33議席を得て第1党の地位をキープした。