これではチャンスはつかめません。

確かに、学歴と言うのは学生時代に懸命に努力した証であり、潜在能力の高さを示すシグナルとしての役割はあるのかもしれません。しかし学生時代よりも、社会に出てからの人生の方が圧倒的に長いのです。だから、社会人になってからの努力とリスクテイクの積み重ねの方が、学歴よりも大きな影響持つ事は明らかです。

収入の高さが人生のすべてとは言いません。しかし、仕事で自分のやりたいことにチャレンジして、結果を出すことには価値があると思います。やってみようという強い意志と勇気があれば、いつでも人生を逆転できる。

何かを始めるのに、遅すぎるということはありません。未来を考えれば「今が一番早い」。そしてやるかやらないかは、全て自分が決められることなのです。そう考えれば「今更はじめてみても」と言い訳をしたり、「あいつはいいな」と人を妬んだりしている暇はないはずです。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年3月20日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。