「ラ・ラ・ランド」を観て(良かった!)と思えなかった人に対し、ものすごい同調圧力がかかっているらしい……。

これを「だから日本は……」という風に日本の問題と捉えている人がいるけれど、実は同じことはアメリカでも起きています

僕が「ラ・ラ・ランド」の存在を知ったのは、去年10月に開催された、地元のミルバレー・フィルム・フェスティバルで、同作品がハイライトされていたからです。