ジャケットについて筆者が最も納得のいかない点は恐らく、テクノロジー企業各社が携帯端末をハイテク機器とつなぐことばかりに固執しているように見えることだ。アップルウォッチの失敗の理由は、すでにスマートフォンで利用可能な機能しか提供しないガジェットであり、そこに価値を見出せる消費者が多くなかったことだ。

「スマートな」製品の全てが携帯電話につながっていなければならないなら、それらの製品は携帯電話の一部に過ぎず、利用者に新たな利点をもたらす、真に有用なものにはならないのではないだろうか。