プライム会員システムというものも、3,900円を超えたサービスは全て無料になるというシステムであり、食べ放題のような物理的な上限のあるシステムではなく、青天井システムであるという点ではフリービジネスだと言えるかもしれない。

■完璧な物流システムの盲点

 現状では、書籍を含まない買い物は2000円分以上購入しないと無料にならないということになっているが、漫画コミック1冊を無料で配送するというようなシステムが、本当にいつまでも維持できるものだろうか? そもそも「無料配送」というようなものは期間限定のキャンペーン価格として用意されたものであるはずだが、いつの間にか、そのシステムが常態化してしまったとも言える。スーパーのチラシでよく見かける客寄せを目的とした赤字覚悟の激安キャンペーンが年がら年中行われているようなものとも言えるわけで、そんな無茶なシステムがいつまでも維持できるとは思えない。

 傍からは、完璧な物流システムを構築したかに見えたアマゾンだが、デジタル化できるシステムとデジタル化できないシステムの狭間で行き詰まることになってしまった感がある。ネット通販システムはデジタル化されて効率化が進んだものの、取り扱う商品はリアルな物であるため、配送システムがパンクするとか、アスクルのように物理的な障害(火事)で一瞬で大きな損失を被るリスクも生じる。数百年後か数千年後にテレポーテーション技術でも発明されれば、全て解決するかもしれないが、現状では、その隙間に新たなビジネスが生まれる余地が有るという程度で、当分の間は、右往左往することになるのだろうと思う。