前橋地裁は福島原発事故について「国・東電に責任」という判決を下した。国は2002年、巨大津波が起きうるとする「長期評価」を出しており、国が東電に津波対策を命じなかったのは違法とした。また東電は2008年に、津波について最大15.7mと試算していたのに対策を打たなかった責任があるとした。