ドイツのメルケル首相が14日、トランプ大統領と会談します。議題の1つと伝えられているのがアメリカの対独貿易赤字

通商政策についてトランプ大統領に助言する国家通商会議(National Trade Council)のPeter Navarro委員長が「ドイツがユーロ安に誘導していることで輸出を有利にしている」と批判するなど保護主義的な主張を展開しています。