民進党は15日、衆院の国対役員・筆頭理事合同会議を国会内で開いた。

 山井国対委員長は、稲田防衛大臣が学校法人森友学園の籠池氏の訴訟には関わっていないと答弁していたことを一転させて記憶違いとしている件を取り上げ、「今後の国会で何を言おうが、嘘をつこうが、虚偽の答弁をしようが、それで済んでしまったら国権の最高機関としての国会の意味がなくなってしまうのではないか」と稲田防衛大臣の対応を批判した。