15日にオランダで行われる下院選挙では、反イスラム・反EUの姿勢を明確に打ち出した極右政党「自由党」の躍進に注目が集まっている。ヨーロッパでも指折りのリベラルな国として世界中に認識されてきたオランダだが、国内で膨らみ続けた社会に対する国民の不満は、今回の選挙にどのような影響を与えるのだろうか。