安倍総理の妻、昭恵氏は、「首相夫人」という立場をフル回転させて政治活動に勤しんでいます。

 先の下関市長選挙では、首相夫人が選挙運動を担ってきました。
安倍首相の元秘書が当選 下関市長選、昭恵氏も再三応援」(朝日新聞2017年3月13日)

「保守分裂の選挙戦となり、前田氏の陣営には首相が檄文(げきぶん)を送り、首相の妻・昭恵氏が再三にわたり応援に入った。」
 このような場合、首相の名代として応援しているとみるのは常識です。