大串博志政務調査会長は14日、定例の記者会見を国会内で開いた。

 森友学園問題に対する政府の対応については、「籠池理事長の参考人招致は不可避だが、未だに拒否し続けている。さらに稲田防衛大臣は『学園側の顧問弁護士であったことはない、法律相談も受けていない』と関係を否定したが、訴訟代理人になっていることや、大阪地裁に出廷していたことも明らかだ。