昨日に休憩を含む約9時間の長丁場となる百条委員会・第一回の証人尋問が終わり、各社で「新事実」をめぐる報道が相次いでいます。

豊洲の土地売買、水面下で元都副知事らが強引な交渉:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK3C5FH1K3CUTIL00W.html

東京ガス側から委員会に提出されたダンボール50箱にも及ぶ記録・資料の中から今回、私は都側の資料がほとんど残っていない「浜渦副知事による水面下交渉」の時期に焦点を絞り、徹底的に捜索をかけました。

その中から新たに出てきた折衝記録(議事メモ)により、点と点をつなぐ新たな事実が浮かび上がったのです。私の中では、これによってほとんどの疑問が氷解しています。今日はこの点について徹底的に解説・詳述をしていきます。

5769650385633

予め申し上げますと、この新たに見つかった記録(折衝記録・メモ)について、委員会での質疑中も

「どこから出てきたんだよっ!」

などのヤジが自民党サイドから飛んできましたし、ネット上でも

「捏造ではないか」
「第二の永田(堀江)メール問題になりかねない」

などと揶揄されておりますが、これは東京ガス側が公式に提出した記録の中から発見されたもので、私が独自取材したものでも、ましてや創作したものでもありません(他会派の委員も同様のものを発見、尋問しています)。

万が一、捏造がありえるとすれば提出者サイドということになりますけど、東京ガス側にそんなことをする動機が見当たらないので、その可能性は低いでしょう。それは現取締役社長として出席いただいた証人にも確認しています。

5769650413993

昨日の証人尋問では一様に関係者が「記憶にない」と証言しましたが、人の記憶は曖昧で、ある意味では「どうとでもなる」からこそ、文字による記録や資料の存在がエビデンスとして重要になるのであり、これが東京ガス側から自発的に提出されたというのは極めて重い事実です。

この記録を元に、新たなファクトを紐解いていくことにしましょう。

豊洲市場の土地購入をめぐる経緯を丹念に読み解くと、浜渦副知事の前任である福永副知事時代には、東京ガス側は土地売却に強い難色を示して続けていることが数多く残されている交渉記録から明らかになっています。

特に先端部(現在の6街区・7街区)については、ほとんど売る考えはなかったと言っても良いでしょう。

ところが平成12年10月4日、交渉担当をバトンタッチした浜渦副知事による「水面下でやりましょう」という記録を最後に、都側からの交渉記録はほぼ一切なくなります。そして平成13年2月、急転直下とも言えるスピードで、土地売却を前提とした覚書が両者の間でかわされることになります。

なお、その後に再び復活する都と東京ガスの交渉記録(都側提出)では、

東ガス「(土壌汚染への対応について)話が違う」
東京都「言った言わないで揉めてもしょうがないではないか」

などのやり取りが散見されます。

この記録が「不存在」となっている時期に、いったいどんなハードネゴシエーションが行われていたのか?「口約束」しかできないような、あれほどマメに記録を残していた都側が記録を抹消せざる得ないような、何らかの穏便とは言い難いやり取りがあったのではないか?

その疑問を氷解させたのが、東京ガス側から提出された記録の中から見つかった「東京都政策報道室赤星理事との折衝内容」なる、ワード4枚でタイピングされた資料です。

先方から提出された資料はオープンにすることはできませんが、その要点をまとめて私がパネルにしたものがこちらです。

17238010_1386339511441089_1341332935_n

※「福永知事」は「福永副知事」の誤り。
※「平成12年12月22日」は「平成12年12月14日および22日」の誤り。以上訂正致します。

都側の赤星理事は浜渦副知事からの指示として、「土壌Xday」という単語を用い、

「この日(土壌Xday)を迎えれば土壌問題が噴出し、東京ガスが所有する土地の価格が下落する」
「「結論」さえ出せば石原知事が安全宣言で救済するから、早急に結論を出すように」

などの内容を伝えている様子が記録されています(記録の内容を一言一句、模写したものではありません。念のため)。

そのほかにもこの資料には、

「先週は中曽根元首相が都庁にやってきた」
「いま石原・扇(当時建設・運輸大臣)・亀井(自民党政調会長)はバッチリだ」

「本日亀井政調会長が都庁を訪問し、東京都の懸案事項への国費投入を約束していった」
「国費投入は(亀井静香)政調会長もOK」
「都知事もそんなに時間がない」

など、12月14日に浜渦副知事から東京ガス・江口氏(故人)へあてたコメントも記録されています。

そしてこの東京ガス側の記録の作成者は末尾に、

「脅かしてきた」「これ以上議論をしても無駄」

など、激しい憤りを節々ににじませつつ、終盤には「以下の約束をした」として、今後は「土壌Xday」までには方向を出すべく双方努力することなどが取り決められています。

これによって東京ガスがこれまでの態度を一変させたとしたら、これは驚くべきことであり、国政にまで言及した明白な政治的圧力と言えます。

以上が、記録によって明らかにされた「事実」の一端です。