撮影:駒井夕香

BLOGOS読者の皆様、こんにちは!尻職人こと倉持由香です。前回の記事に、たくさんの反響をいただきありがとうございます。ビジネスマン向けの意識高い記事が並んでいる中で、私が人気記事1位になってしまってBLOGOSさん大丈夫なんでしょうか(笑)。でも、とっても嬉しいです。

「MUTEKI」っていうタイトルが目を引いたというのもあると思うんですけど、念のために言っておくと、過激なタイトルをつけてるのは私じゃなくて編集長ですからね!(笑)。

清水富美加さん出家騒動について

清水富美加さんが「水着の仕事がイヤだった」と本に書かれていましたが、それは仕方がないことですよね。グラビアが好きで、グラビアアイドルをやっている子はあまりいないと思います。

私はかなり特殊で、グラビアが好きで、グラドルになりたくて、この業界に入ったんですけど、将来は「女優さんになりたい」「タレントにさんになりたい」という子が多い印象です。

綾瀬はるかさんや戸田恵梨香さん、堀北真希さんなども昔は水着の写真集を出したりグラビア活動をされていたので、知名度を上げるためのステップとしての「グラビア」は有効な手段ではあると思います。

ですが、自分の精神衛生上どうしても水着になることが耐えられない!という子もでてきます。そういう子達はグラビア以外の知名度を高める手段を事務所と一緒に考えていく必要がありますね。

事務所とのコミュニケーションが上手く取れず、ずっとずっと我慢し続けて、ある日突然プツンと命を絶ってしまったりすることは絶対に避けなくてはならないので。

私がなぜグラビアが好きかと言うと内面がちょっとおっさんっぽいというか、どうしたら私の中の「おっさん」が興奮するかな?ということを考えながらポージングしたりシチュエーションを練ったりすることが好きなのです。

そういう自分はちょっと変わってるんだろうな、という自覚はあります。「私で興奮して!たくさん見て!!」と思ってグラビアをやっている女の子はそんなに多くないと思います。やっぱり将来へのステップとして捉えながらグラドルをやっている子が多いですね。

「このままだとAVに行く子が増えてしまう」への反響



そうそう、前回の記事がたくさん読まれて、大多数は賛同してくれる意見だったんですけど、「イヤだったら辞めればいいじゃん」という声もあったんです。でも「イヤだったら辞めればいい」って、「生きているのが辛いなら死ねばいい」ぐらいの極論だなって。

【関連記事】このままだと「MUTEKI」に行く子が増えてしまう - 倉持由香

もちろん、死んじゃうくらいなら辞めたほうがいいんですけど、私だけじゃなくて、たくさんのグラドルが「過激な露出」という同じ悩みを抱え、グラドルという職業自体の存続のピンチになっているのです。「じゃあ、辞めれば」という一言で済ませられる問題ではありません。

それは、そこの業界に携わっている人全員に「死ね」と言っているのと同じであって。

グラドルを専門にやっているヘアメイクさん、スタイリストさん、カメラマンさん、雑誌編集者さん、みんなの為にもきちんと業界を盛り上げて、みんながきちんと暮らせるようにしていかないといけないぞってことを伝えたかったんですけどね。

あとは「14枚もDVDを出して、売れないんだったら辞めれば」とか「14枚もDVDを出していて売れないのに、よく事務所をクビにならないですね」って言う意見もあったんですけど、私自身はありがたいことに問題なく暮らせているんですよ!事務所に所属したての頃は同期の子の家に居候させて貰ったり、漫画喫茶から現場に行ったりしていましたが今はちゃんと一人暮らし出来ています。

新人の女の子が1stDVDから過激にさせられている現状がよくないなと。

私は14枚も出しているし、枚数を重ねるごとにネタ切れになって露出が多くなったりするのは、ある程度は仕方の無いことだと思うんですよ。ただ、1stDVDで、何枚売れるかも分からない未知数の子を、最初から舐めチャプター、マッサージチャプター、ほぼTバック!みたいな状態はいかがなものなのか。

中には、1stDVDから手ブラをやらされたりする子も!そうなったら2nd、3rdは何をすればいいのか?となってしまいます。それはもうグラビアアイドルの範疇じゃ無いですよね。

なので、安易な露出や擬似演出に頼らない「グラドルらしい」妄想を掻き立てる作品作りを追求していかなくては!と思うのです。

自画撮り部部長 倉持由香が選ぶ今月のマイベストショット

DVD発売イベントで着たこちらの一枚。ジップアップ競泳水着です。

@yukakuramoti

ジップアップ競泳水着は、肌の露出面積が少ないんですよ。開いているのは胸元だけ。なのに普通のビキニよりも何だかエロい気がする。こういうアイデア勝負の衣装がもっと増えていけばいいなぁと思います。

ショックだったのはこのイベントはDVD発売後に行われたのに「もう見ましたか?」って会場に聞いたら、観た人が2〜3人しかいなかったんですよ。わざわざお金を出して買ったDVDを観ていないんです。

もちろんイベントに参加してない、通販などで購入した方々はDVDを楽しんでくれてる方も多いのだと思います。

ただ、イベントに来るぐらいとてもコアなファンの方々は観ていないんです。「どうして観てないの?」って聞いたら、もう悲しいと。「もっちーがこんな風にやっている姿を見たくない」と。

それは私だけじゃなくて、他の子もそうなんですけど、「自分の推しが『知らない手』で揉まれている姿を見たくない」「擬似行為をしている姿を見たいんじゃない!海辺でキャッキャッしている姿が見たい」というような意見を頂きます。

「たくさん触れ合いたいし、たくさん写真撮ったり、チェキを撮ったりしたいからDVDは3枚買うよ。観ないけど」

DVDがただのイベント参加券になっている状況なんです。

そんなのDVD制作会社さんも、メーカーさんも、プレスしている業者さんも報われないじゃないですか。観てもらえないのにプレスされるDVDも!ディスクも「えっ?ワイ再生されないんですか!?」って悲しんでますよ!

グラドルは増えていく露出に病んでいくし、ファンの方は観ないDVDに高いお金を払っているし、メーカーさんは思うように売れなくて「あれっ?」ってなってるし。受け手と作り手の認識にズレがあるというのが問題なのだと思います。誰も幸せになってない。

作品が過激になる→グラドル本人はあまり観て欲しくない→告知不足→売れない→次回作はより過激になるという負のループに突入します。

グラドル本人が納得できる範囲、やらされてる感の出ない範囲での演出ならコアなファンの方々も、きっと再生ボタンを押してくれると思うのです。ディスクも喜びます。

グラビアで1番避けなければいけないのは『悲壮感』!